ウーバーイーツの1乗車あたりの配達料金を計算してみた

ウーバーイーツ配達

ウーバーイーツ配達員として働くこと約3ヶ月。
配達回数も累計で700回を超え、ピンずれや部屋番号が書いていないどころか、住所自体が書かれてない宛先を見ても焦ることなく対応できるまでに成長致しました。笑

最近はこなれてきたからか、店員さんやお客様、通行人にまで声を掛けられることが増えてきました。
不思議です。

昨日はお届け先のお客様から「配達料金ってどのくらいなの?」って聞かれて、とっさに「500円ぐらいですね」って答えてみましたが、これは感覚でしかありません。

お店から数百メートルだと360円なんてこともあるし、4キロ以上離れたお届け先だと700円になることもあります。

だから「大体500円くらいかな?」って考えていましたが、最近は配達員が増えたからか、練馬区や板橋区にはピーク時でもブーストが付かなくなったり、インセンティブも休日と雨が重ならないと付かなかったりするので、「実際はもっと安いんじゃ?」と思い、今月分の「1乗車あたりの配達料金」を計算してみました。

すると、、

「1乗車あたりの平均配達料金」は「481円」でした(゚д゚)!

これを安いと感じるか高いと感じるかは人それぞれだと思いますが、大体予想通りですね。

ちなみに、雨の日も台風以外は配達していますし、平日から土日まで、時間帯も朝から晩まで時間のある時は配達しているので、そういう意味でも良い平均値が取れていると思いますね。

エリアは練馬区、板橋区がほとんどで、時々流されて、新宿区や中野区、豊島区、まれに杉並区や世田谷区、渋谷区まで流されることもあります。

まあ、渋谷区中心の配達員と比べると、1割から2割程度安いんでしょうか。
配達の距離はこっちの方が長そうですが。

自転車に乗ってる時間は正確には計算していないので、時給換算にするとどのくらいなのかはわかりませんが、感覚では時給1,200円~1,500くらいでしょうか。
待機時間を入れると、時給は1,000円行きませんね。

でも、楽しいからいいんです!
ゲーム感覚なところもあるし、でも、ネトゲと違って、人とのコミュニケーションもリアルにあるし、面白いビジネスモデルだと個人的には思いますね。

スポンサーリンク



zakee

8,168 views

プロフィール

関連記事一覧

error: Content is protected !!