取っ手と蓋付きのステンレス茶こしと急須で緑茶を入れてみた!

ステンレス茶こし

網付きの急須の網は洗いにくいし、目詰まりしやすいのがデメリット。我が家の急須は網付き蓋なしのデザイン重視のものだが、網目に茶葉が詰まりやすく、スポンジでゴシゴシ擦っているうちに、網が急須から外れてしまった…

しばらくは100均の緑茶パックに茶葉を入れて、それを急須に入れて使っていたが、緑茶パックはお箸などてかき混ぜないとなかなか濃い色のお茶が出ないという問題があった。

そこで、今回目を付けたのが急須にも使える取っ手と蓋付きの茶こしだ。急須じゃなくても、コップに直接置くこともできるし、蓋もついているので、コーヒーを入れたり、紅茶を蒸らすこともできる。さらに、蓋を裏返せば、茶こしを置いておく台にもなるというアイデア商品だ。

まあ、今回は蓋なし網なし急須の代わりにと購入したのだか、買って正解だった。

この茶こしでいれたお茶は少量の茶葉でも濃く抽出できる。味も普通の急須でいれたものとまったく同じだ。しかも、使った後はお茶の葉が目詰まりしにくい(多少は目詰まりする)から、洗う時はスポンジで何度も擦らなくても綺麗になる

急須の網と蓋の代わりになるだけでなく、単体でも使えるし、蓋が台にもなる。デザインもオシャレ。目詰まりもしにくいから洗うのも楽というメリットだらけの商品だ。

また、同じ商品で網が2重になってるものもあるが、網目が細かすぎて、緑茶には向かないようだ。ただ、湯呑みに細かい茶葉が沈殿するのがイヤだという方は2重構造の方の茶こしが良いのかもしれないが。

zakee

91,736 views

プロフィール
error: Content is protected !!