Uber Eats(ウーバーイーツ)配達、マクドナルドでのピックアップ順番待ち問題を語る

ウーバーイーツ配達

先日、地元のマクドナルドにピックアップに行った際に、「Uber Eatsでーす!」と店員さんに一声掛けた後、並んでると思われる配達パートナーの後ろに付いたところ、お客様の待機列に紛れていたかなり年配だと思われる男性から、「並んでるんだけど!」と注意を受けました。

いやいや、それならせめてウバッグを持つか、配達パートナーだとわかる格好で先頭の配達パートナーのすぐ後ろに並んどいてくださいよ…と思いましたが、とりあえず何も言わずにその方の後ろに並びました。

マクドナルドさんはレストランの中でも特にUber Eatsの注文数が多いので、店内が配達パートナーだらけということが良くあるのです。だから先に到着した配達パートナーが、後から来た配達パートナーに割り込まれるなんてことも多々あります

もちろん、先に到着した配達パートナーがが先に番号を伝えてピックアップするという暗黙のルールがあるので、既に配達パートナーがいる場合はその後ろに並ぶのが基本です。

ただ、配達パートナーの到着順=料理の出来上がりではないので、遅れて到着した場合なんかは、列の後ろに並んだとしても、既に自分の料理がカウンターに置かれたままになっていることもあります。

最近はモニターに注文番号が表示されるので、ある程度は料理が出来上がる順番が把握できるのですが、実際は注文番号通りに呼び出されることは少なく、料理が出来上がっていたとしても、自分から注文番号を伝えないと、いつまでも料理を受け取れないということもあります

ひどいときなんて、目の前に自分の料理が置かれていて、何分も待たされたあげく、カウンターの食事を「はい、これですね!」なんて渡されることもあるくらいです。

というわけで、マクドナルドさんの場合は自分からぐいぐい行かないと、いつまでも料理が受け取れないなんてこともあるわけです。待機列の一番前の配達パートナーが声を掛けてもらえるまで、ただただ待っている場合なんて最悪です。さすがに列の後ろからぐいぐい番号を伝えることもできませんし、明らかに店員さんが気づいていないような時なんて無駄に何分も待たされます。

今日なんて店員さんに声を掛けたら、「ちょっと待ってください」と言われたので待っていると、横から別の配達パートナーが同じ店員さんに声をかけると、「番号をお願いします」と言われていたので、おいおいと思って、「すいません、先に番号いいですか?」とぐいぐい番号を伝えたくらいです^^;

しかも、配達パートナーであるかどうかという判別も難しいくらいです。バッグの種類も登録時期によって4種類ありますし、出前館のようにUber Eatsの帽子があるわけでもありません。最近登録した配達パートナーだと、初期のバッグを知らなかったりします。そもそも手ぶらで並んでる配達パートナーなんて、お客さんとの区別もできません。

そんなわけで、本当は配達パートナー専用のカウンターがあれば良いのですが、現状はそんなのありませんし、ルールも明確ではありません。店員さんも忙しいのでいちいち指示してくれません。

だから、ある時期から、あえてぐいぐい行くようにしています。配達パートナーの列が形成されていたとしても、まずは店員さんに一声かけて、列の後ろに並ぶようにしています。そうすると、既に料理が出来上がっている場合は先にもらえたりします。真面目に並んでいる配達パートナーからすると割り込まれたと思われているかもしれません。

この辺の事情をなんとなく理解しているベテランの配達パートナーさんとかは、「もう呼ばれていると思いますよ!」なんて声をかけてくれたりします。私もそうしています。今回のように最近始められたばかり?の配達パートナーは並ぶのが当然だと思っているのでしょう。まあ、並んでいればいつか順番は回ってくるのでしょうが、注文者のことを第一に考えると料理が冷めてしまわないようになるべく早くピックアップしなければいけないと思っています

なので、私の今のルールは、店に入ると、まず店員さんに声を掛けて、配達パートナーと思われる方がいる場合はその後ろに並ぶようにしています。番号が呼ばれるまで、小バッグを持ち上げてUber Eatsのロゴが店員さんに見えるようにしています。後はモニターの一番上に自分の注文番号が表示され、モニターから消えるか、お呼び出し一覧に表示されたら、また店員さんに声をかけるようにしています。
まあ、状況にもよりますけど。。

Uber Eats 配達パートナープログラム:https://www.uber.com/

zakee

50,332 views

プロフィール
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
 【a】Uber Eats オーダープログラム

関連記事一覧

error: Content is protected !!