• HOME
  • ブログ
  • IDDM
  • インスリン注射の痛みや出血を軽減するために試してみたこと

インスリン注射の痛みや出血を軽減するために試してみたこと

IDDM

病院ではインスリン注射による痛みや出血は無かったが、退院後は痛みを感じたり、出血することも。さらに、痛かったらどうしようという気持ちから、腹筋に力が入ってしまい、余計に痛みが増してしまったのだ。

そこで、入院時と退院後の違いから対策を考えてみた。

考えられる要因は3点あった。

・病院食は塩分が低く、常に低血圧だったため、出血が無かったのでは?
・病院では無意識で緊張状態が続いていたので痛みに鈍感だったのか?
・注射に慣れてきて、部位を広げたり、打つスピードを遅くしたのが原因なのでは?

まずは、試しにリラックスして注射を打ってみたら、痛みを感じる頻度が少なくなり、打つスピードを早めたら痛みや出血が劇的に減ったのだ。時々痛みや少量の出血があるが、これは生活習慣や食事、血圧などが関係しているのかもしれない。

さらに、部位はへその左右に9ブロックずつ、合計18箇所に限定し、注射を打った箇所をスマホでメモすることで、同じ場所やエリアに注射が集中しないようにした。また、お腹のお肉は約1センチ幅を軽くつまむと痛みが少ない感じがしている。




zakee

45,848 views

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

error: Content is protected !!